スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手術後の悠里

いつも応援してしてくださってありがとうございます。

手術後の悠里の状態をお知らせ致します。

移植手術後の悠里の状況は非常に安定し、快方に向かっていると毎日の回診時に聞いています。
日々良くなっていく顔色や心臓の動きなどからも順調さが伺えます。
改めて皆さんからいただいた祈り、願いの効果が絶大であり、支えられていることを実感します。

新しいハートはとても元気で、今まで見たこともないような力強い動きを見せてくれています。
まるで再び動けることに喜んでくれているかのようです。
日々、提供してくださった方、御家族の方への感謝の気持ちで胸がいっぱいになります。

残念なことに、今までたくさん頑張ってくれたハートに、直接お別れやお礼を述べることは叶いませんでした。
そのかわり一緒に生きる新しい家族のハートに、これからたくさんの「よかった」「嬉しい」を一緒に伝えられたらと思います。

スポンサーサイト
  1. 2010/01/22(金) 11:00:18|
  2. 家族の言葉

移植手術のご報告

いつも温かいご支援をいただきまして、本当にありがとうございます。

15日夕方、突然病室に移植手術チームの来訪があり「提供者が現れる可能性が非常に高まりました」と報告をいただきました。
同日22:30より手術室で待機し、翌日深夜1:00より手術を開始しました。予定時間は大きな問題が無い限り4時間程度とのことでした。

手術中に2回ほど「現在はこんな状況です」「非常に順調でした」と経過を教えていただきました。

悠里が大きな手術を受けるのはこれで何度目でしょう?
そのたびに、本当に不安な気持ちで手術室に入る悠里を見送ってきましたが、執刀いただいた先生からの「無事終了しました」というお言葉とともに、また私たちのもとに帰ってきてくれました。

術後の姿は何度見ても痛々しいものですが、こんなに希望に満ちた思いをしたことはありませんでした。

提供していただいた方、またそのご家族様への感謝の気持ちは言葉では言い尽くせません。
お預かりした大切なものは大事に紡ぎ、私たちはあなた方とともに生き続けていきます。

また、不安でいっぱいになっていた我々を、家族、救う会、そして応援、ご支援いただいた多くの方々が支えてくださいました。
手術の成功のご報告とともに改めてお礼を言わせてください。
皆様からいただきました優しさに溢れたお気持ち、お言葉のおかげで、ここまで来ることが出来ました。

悠里も今頑張っています。我々も頑張っていきます。
今しばらくの間、優しく見守っていただければと思います。

2010年1月16日 池田健史
  1. 2010/01/17(日) 10:00:00|
  2. 家族の言葉

渡航から2週間あまり経って

いつも応援してくださって本当にありがとうございます。
渡航してからの悠里の状態について皆様にお知らせしたいと思います。

悠里は、何度か発熱したりすることもありましたが、大事に至ることもなく良い状態のまま
本日まで来ることが出来ました。
これも各方面から様々な形で応援してくださる皆様のおかげです。感謝申し上げます。

食事に関しては戸惑う事も多く、日本との違いを親子ともに痛感しているところです。
病院での食事は、先にお伝えした通りこれと言った食事制限が無くなり、初めてそれを聞いた時は涙がこぼれました。今まで厳しく制限されていたり、身体が小さいせいもあり、なかなか多くは食べられないようですが、それも微笑ましく眺めています。

病院のスタッフの方々も皆さん非常に優しく、また、多くのスタッフが悠里を気に入ってくれているようです。、
病室の前を通りかかるたびに挨拶したり覗き込んでくれる方、お仕事の合間に顔を出してくれる方、終わった後、始まる前に時間を作ってくれる方、皆さん本当に優しく接していただき、言葉の壁も乗り越えているように感じられます。

今は悠里も我々も、本当に少しずつですが言葉を覚え、コミュニケーションも取り始められていると思っていますが、文章となるとまだ厳しいものがあります。
悠里には語学と算数の先生がついてくださり、「言葉がわからないや」と照れながらなんとか付いて行っているようです。

渡航後二週間以上が経ち、当初より落ち着いてきてはいますが、それでも慌ただしく毎日を過ごしています。
こちらで過ごす上で多くの方と接する機会があり、毎日がものすごくパワフルに、あっという間に過ぎていきます。

混乱することも数多くあり、今後落ち着くことがあるのか?と思うことも多いですが、何とかやっていくしかありません。

悠里の体調についても、特に医療の部分に関しては制限された数少ない情報を得ることしかできず、
毎日の顔色を見て本人と話しながら理解をしていくしかない状況です。
悠里のことを気にかけてくださっている皆様には本当に申し訳ないのですが、得られる情報は少なく、
お話しできるのもその範囲のものになってしまいます。
娘の為にも騒いだり、無理に伺ったりするのは良くないのではと思う事もあり、気長に待っている状況です。

そうした中でも「少しでも悠里に合ったものを」と一生懸命お手伝いしてくださる病院スタッフ、救う会、応援していただいている皆様の気持ちを受け、再び元気に動き回ったり、楽しくお話しする悠里の様子をお届け出来る日が来ることを信じています。

これからも応援、ご協力などどうかよろしくお願い致します。

2010年1月15日 池田健史
  1. 2010/01/15(金) 22:00:00|
  2. 家族の言葉

出発のご挨拶

いつもご支援いただきありがとうございます。

皆さまに見守られ、昨日成田空港近くの病院まで万全の態勢で送っていただきました。
ゆうりの状態は非常に安定しています。

無事、渡航の日を迎えられたのは、皆さまの優しさと、温かいお気持ちのおかげです。
感謝の気持ちでいっぱいです。

家族が離れて生活する不安は大きく、
お兄ちゃんにも、しばらくの間さみしい思いをさせてしまいます。
それでも「ゆうりが元気になったらいいね」と一所懸命協力してくれたお兄ちゃん、ありがとう。

「ありがとうございました。そして行ってきます。」
「無事帰ってきて、元気に走り回ったり、笑顔で話したりしているゆうりを見ていただけるよう頑張ってきます。」
今までご支援いただきました皆さま、地域の方々、友人たちそれぞれに、このように伝えたく思いましたが、
このブログのメッセージでお礼と代えさせていただきます。

皆さまからのご支援のもと、スタートラインに立つことができました。
ゆうりが再び元気になることだけを信じて、行ってまいります。

皆さまからいただいたお言葉にどれほど助けられたことでしょう。
今のこの状況は、皆さまのご協力なしではありませんでした。

今後もお力添えをお願いすることがあるかもしれません。
もうしばらくの間、私たちを見守っていただければ幸いです。

皆様にゆうりの笑顔をお届けできることを願って、挨拶にかえさせていただきます。

2009年12月28日 父 池田 健史
  1. 2009/12/28(月) 03:54:19|
  2. 家族の言葉

私信

今回タイトルを「私信」と銘打つことをお許しください
本来ならばこちらには「ゆうりの近況」として娘、ゆうりの状況等をあげるべきなのですが、
書かずにはいられない想いで今現在の自分自身の想いを書かせてください。

この部分をご覧いただけている方がどれくらいいるのかわかりませんが、
今までにたくさんの方からゆうりに対し励ましのお言葉、お手紙、プレゼントをいただきほんとうにありがとうございます。
今回こういったかたちで声をあげてしまい申し訳ありません。それでも助かるのなら何としてでも助けたい。それに共感いただけました皆様からの暖かい気持ちに自分自身、凍えずにここまで進ませていただきました。
皆さまからいただきました全てに関し、間違いなく病室にて頑張っているゆうりに届けさせていただいております。
それがゆうりの、支えてくれている救う会のみんなにも、そして我々家族にも前を向き進んでいく力になっています。
いただいたお気持ちの中に、ゆうりに限らず我々家族に宛てにくださったメッセージがいくつもあります。
皆様様々な想いを胸に応援してくださり本当にありがとうございます。
いくつもいただいた僕個人あてのメッセージに深く感謝し涙しながら拝見させていただいております。

我々は皆さまから素敵なクリスマスプレゼントをいただきました。真っ暗だった向こう側が皆様のおかげでとても明るく、とても暖かくなるものでした。
手前勝手なお願いに、皆様からは暖かいお気持ちで応えていただき感謝のしようがありません。
そういった気持ちに僕個人としてお応え出来ているかわかりません。まだまだ足りない部分が多々あると思います。そう思いながらもお返しする方法が思い浮かばないのも事実であり、いただいた皆様にそれぞれお返しすることができない歯がゆさを感じつつ、ゆうりが元気になって帰ってくることが最大限のお返しになるかと勝手ながら思わせてください。
ほんとうにありがとうございます。
分けていただいたお気持ちのぶん、またそれ以上に皆様のもとへ少しでも大きな幸せが、小さな幸せがたくさん皆様のお手元まで届きますよう願わせてください。

12月24日  池田 健史 拝

テーマ:私について - ジャンル:心と身体

  1. 2009/12/24(木) 02:55:04|
  2. 家族の言葉
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。